仕事について

営業:営業本部 管棒マーケティングユニット 西野 寛和:経営学部 市場経営学科 卒/2007年入社

営業:営業本部 管棒マーケティングユニット 西野 寛和:経営学部 市場経営学科 卒/2007年入社

お客様との対話を重ね、“最適な押出材”を探り出す――
それが、営業としての腕の見せ所だ。

入社を決めた理由

就職活動を始めるにあたり、モノづくりを通して社会に貢献している製造業を志望していました。調べていく中で幅広い業界とお付き合いができる素材メーカーに魅力を感じました。そして材料の中でもアルミニウムの需要は年々増加しており、自動車をはじめ今後の成長が期待でき、素材としての将来性を感じました。入社を決めた理由は少数精鋭採用で面接等を通して社員一人ひとりを大切にしていると感じたことと、世界トップレベルの技術力に魅力を感じたことです。

私の仕事

現在は、営業本部 管棒マーケティングユニットに所属しています。管棒マーケティングユニットは、文字通り「管材」「棒材」を販売するユニットです。そのなかで私のミッションは、顧客への営業活動――例えば、納期管理や新材料の提案、技術的課題への対応などを通してお客様満足度を向上させ、新規の取引に結び付けること。お客様のご要望は、なかなか困難なものも多く、全て対応できるわけではありませんが、スピード感を持って、お客様の立場に立った対応を心がけています。その結果、“最適な押出材”を採用いただけた時は、本当に嬉しく思います。今後もニーズに沿った提案を進めながら、当社製品のシェアアップに貢献していきます。

心がけていること

お客様からは常に迅速な対応を求められています。営業の仕事はさまざまな案件を並行して進めなくてはならないので、優先順位を意識して、どのお客様にも満足いただけるようなスムーズな業務進行に努めています。また、新規のお客様とは何度もコミュニケーションを重ね、お客様の求める“最適な押出材”を提案することを心がけています。その成果が実り、新規のお客様から建築材料用加工品を受注したことがあります。現在でも大型高層ビルの外観に使用されており(通勤経路にあるので、よく見上げています)、自分が担当した仕事が形となって残るという良い経験になりました。

先輩社員の一日

7:007:00
起床。通勤電車の中で新聞をチェック
9:009:00
出社。まずはメールチェック(お客様からのメールにはできるだけスピーディに返信)
10:0010:00
社内ミーティング。営業成果や引き合いの内容、お客様の動向などを部内で共有
14:0014:00
お客様先へ訪問。以前提案した開発合金の試作評価状況をヒアリングしましたが、結果は上々!
17:0017:00
帰社。本日の打合せの結果を社内関係者に展開・共有
18:0018:00
お客様と会食。仕事抜きの時間を共有することで有意義な情報が得られます
23:0023:00
有意義な会食を終えて帰宅。ゆっくりと入浴してから就寝

印象的に残っている仕事

高層ビルの外観に使用される建築材料用加工品を販売しました。通勤経路にあるため、よく見上げています。

休日の過ごし方

妻と2人の娘と遊びに出かけます。

メッセージ

最善を尽くして考え抜き、“腑に落ちる”就職活動を!

他の仕事を知る

  • 生産技術
  • 工程管理